前世からの課題と抗えない流れ

私は もともとスピリュアルも「前世」のことを嬉しそうに語る人も苦手でした。

そして月日は流れ、全くそういうことを求めていないにも関わらず、カウンセリング、コーチングのみならず、なぜか人様のリーディングやヒーリングをすることになり、私自身が最もビックリしています。

だって、もともと広告代理店でレコード会社の宣伝やプロモーションに携わる営業職だったんですもの。その前の仕事も営業職でした。営業向いてました。「売ろう」とか思わなくても、売れました。クライアントが大好きだったし、クライアントの役にたてることが喜びでしたから。楽しかったです(・・・もちろん たくさん理不尽なこともありました。でも、それって、会社員である以上、どこでもそうですよね。)

 
これから先ずっと 恐らく「前世」のことを人前で嬉しそうに語ることは、決してないだろうけど。しかし、今はわかります。本当に抗えない前世や運命があることを。
今は、如実に感じます。

「抗えない」という言葉がピッタリなんですよね。
避けても避けても、やってくる・・・みたいな感じ(笑)

20代の頃から、私は、自然に「思考が現象化する」ことは、あたりまえだと思っていて、いつもそんな風に生きてきました。ほぼほぼ思ったとおりに、そうなるって感じ。
それは、祈ったり 宝地図書いたり、自己啓発のセミナー行ったり そういうことしなくて、そうなるってことが、みんなもフツーだと思って生きてきました。

 

だから「ザ・シークレット」や引き寄せの法則が流行ったときに逆にビックリしたんですよね。それって「法則」なんだー。みたいな。しかも、そういうことをコンテンツにしてセミナーになるんだーーーって。コンフォートゾーンとか、もろもろカタカタ用語使って、難しそうに解説してるけど。もっと簡単なのに。。ってこっそり思ってました。

そんな感じで生きてきたんだけど、思考が現象化しないこともあるんですよね。
それが、まさに前世からの課題だったんです。もちこしの課題ね。

 

今までどおり全てラクラクスイスイ現実化していたら、その課題に目をむけることもなかったでしょう。自分のリーディングやヒーリングや思考パターンを変化させるスキルをどんなに駆使しても、そうならない現実に途方にくれるんですよね。

 

そしてそのときに、わかりました。
自分で自分のことをするには、どうしても限界があるということを。

 

おかげさまで、スピリチュアル関係の友達は多いので、複合的にサポートしてもらい、それでも、わからぬこともあり。しかし、やはり出会いは必然で。宇宙の計画がそこにあるわけですよね。

 

生育歴(生まれそだった歴史)関係以外のことは、本人も覚えてないですよ。前世がらみのことって。それは、もう自分自身ではおてあげなわけです。

かといって、私はヒプノセラピーとかは、全く受ける気になれず・・・。そもそも興味がないので。前世に関して。

 

それでも、その1点が前世がらみの課題だってことが、嫌というほど、わかるから。
その1点のみに集中して、現在 宇宙の流れに身を任せ中って感じです。

 

全ては「聖なるタイミング」があるので。

 

「早く現実化したい」と思っていたとしても、その時機にならない限り、どうしようもないこともあります。しかし、全ては「自分」がまいてる種ですから。覚えていない前世も含めてね。だから、他人がどーのこーのって、一切関係ないです。

もちろんその人との前世の関係性の課題ということも多々あります。

しかし、それさえも含めて、全て「自分」次第だという「覚悟」があれば、他の人の言動に一喜一憂することはないでしょう。

人は鏡ですから。

愛の鏡で人をみていれば愛がかえってくるし。

恐れの鏡で人をみれば、恐れをかんじざるをえないことが返ってきます。

それをつくりだしているのは、決してその人ではなく、「自分」なんですよね。

 
2017年3月20日の春分の日を過ぎ、私自身は4月上旬に一つの山を迎えます。それまであと10日くらいかな。

 

いつもどおり、山と海と美しい自然を感じながら、「今」を楽しみたいと思います。
私は、宇宙の計画が完璧だと信じきっているので。流れに身を任せます。
そして前世でも、過去でも、未来でもなく、この一瞬、一瞬を大切にして、日々を愛しみたいですね。

IMG_4187