今日もあなたは生きている You are alive today as always.

今日もあなたは生きている

 

そしてあらゆる感情と思考とを

交差させながら生活しているのだろう

 

あれをしなくては

これをしなくては

 

仕事におわれ

生活におわれている人もいるかもしれない

 

だけど本当にやらなければいけないことは

そんなに多くはない

 

自分がしなくてはいけないと思い込んでいるだけだ

 

私は何も 怠惰になれと言っているのではない

 

本当にやらなくてはいけないことを

覆い隠すために

あなたたちは やらなくてはいけないことをやり

忙しそうにしている

 

頭を動かすことで

自分の本当の感情・感覚を麻痺させているだけだ

 

感じることを恐れずに

感じることをとめないで

 

それは とても痛いことだし

気が狂いそうになるかもしれない

 

だけど感じることをとめてしまい

麻痺させることで

あなたたちは本当に大切なことが何なのか

わからなくなってしまった

 

死にたいほど

つらく

切なく

生きる希望がない

絶望がいっぱいな日も

 

たくさん涙を流し

その感情を味わってほしい

 

その先には必ず 光があるから

それを信じてほしい

 

感じることを閉ざせば閉ざすほどに

光は見えなくなる

そして感じなくなる

 

私からの愛も感じなくなるだろう

 

それは幸せを感じることを封印してしまうのと同じことだ

 

たとえ 仕事やいろんなことがうまくいったとしても

あなたは幸せを感じられなくなるだろう

 

幸せか 不幸かは

それは状況や出来事ではない

 

あなたの感じる力 感受性

ただそれだけなのだから

 

だから 感じることをとめず

つらいこと

楽しいこと

悲しいこと

 

もしかしたら人から裏切られたり

だまされたり

猜疑心でいっぱいになったときも

 

感じることをやめず

自分の感情を素直にうけとめよう

 

それは自分がとても恐ろしくなる瞬間もあるだろう

 

だけれども それが人間なのだから

それは あなただけに限ったことではない

人間とは そういうものだ

 

それを乗り越えたとき

目にみえるもの以外からの愛も感じられるようになるだろう

 

そうすると あなたの孤独は解放される

 

たとえ 悪魔のような親から育てられたとしても

たとえ 愛する人と離れ離れになったとしても

 

どんなにつらいことがあったとしても

 

その先には必ず 光がある

暗闇を感じている先には 光がある

というより、光しかないのだから

 

感情をおさえず

とめず

そむけず

うけとめよう

 

それが人間である 愛おしさなのだから

 

 

———————–

<感想>「今日もあなたは生きている」って、冒頭にビックリしつつも そんな感じの翻訳なので仕方がない(笑)

——————————————

 

You are alive today as always.

 

And you may live in various feelings and thoughts.

 

“I have to do this.”

“I have to do that.”
 

There are people who feel as though they are chased by their jobs and life every day.

 

But what you must truly do is not so much.

 

It’s only you who decide you have to do it.

But I don’t mean to recommend being lazy.
To cover up what you must really do,
you do something unnecessary and become busy.

 

By using your brain fully,
you cauterize your feelings and sensors.

 

Don’t be afraid of feeling.
Don’t stop feeling.

It can be very painful and it may make you almost go crazy.

 

You lose an understanding of what is really important
by stopping and cauterizing your feelings.

 

Even on the day full of despair,
without hope,
painful and wistful day as you want to die of hardship,

I want you to cry loudly and savor your feelings.

 

After that, there must be the light.

I want you to believe it.

 

The more you ignore your feelings entirely,
the more you can’t see the light and feel it.

You may be not able to find even my love.

 

It is same to close your feeling to catch happiness.

 

Even if you go smoothly on your jobs or any other things, you can’t feel you are happy.

 

Happy or unhappy.

It does not depend on the situation or events.

 

Your sensor, sensibility is all you need for your happiness.

 

Face your feelings without objections.

Something hard

Something happy

Something sad

Don’t stop feeling them

 

Even on the day you are betrayed or taken in by someone

full of suspicions.

 

It may bring you the feeling of frightening to yourself.

 

But it is human beings.

It is not peculiar to you.

Human being is existence like that.

 

After you overcome it,

you can feel loves of somebody invisible.

 

If so, your loneliness will be released.

 

Even though you are grown up by diabolic parents,

Even though you are separated from your lover.

 

As hard things as you may face

there must be the light after that.

The light surely exists after the darkness.

Or rather, there have to be only the lights.

 

Don’t keep under

Don’t stop
Don’t blink

your feelings.

Accept them.

 

Because it’s all human beings to endear should be.