「別れ」は、ある日突然に・・・

「別れ」って、ある日突然やってくるものだと思うんですよね。

でも、それは実は「ある日突然」ではなく、結構前からのつみかさねによって、その日がおとずれるだけだから。友達との別れも、男女の別れも。

だからセミナーの参加者から「友達(彼)と波長が合わなくなりました。。。合わせようと思うば合わせられるんですが・・・」別に合わせる必要はないですよね。もう既に気が合わなくなってるんだから。

そしてそれは一生の別れではないし。
あらたな出会いのまえぶれでもあるもの。

特に異性とか、明らかに自分のことを大切にされてない言動の人と、つきあって 幸せを感じられるかな?
自分が自分のことを100%満タンに大切な存在だとわかってたら、逆に大切に扱ってもらえてない言動をされてない人とは 一緒にいることはできないと思うし。自分のことを大切にしてるからこそ、相手の意志や自由も尊重できる。

一緒にいても寂しい相手と一緒にいるより、<一人になる勇気>って、ほんと大事だと思います☆

全然、寂しくないです。

団体行動、苦手です。

一人のほうが、気が楽です。

私は、特に「友達つくりたい」願望って、昔っから あまりなかったんです。別にフツーにしてて、自然とできるし。友達が多いことが嬉しいと思えないタイプなので。それよりも、本当に気が合う人が数人いてくれたら、それで幸せだと思うんですよね。充分です。
そんな風に生きてても、

異性でも、同性でも ビックリするくらい 波長が合う人とか 一緒にいるだけで魂がふるえるくらい幸せな気持ちになる人って、いるから。
安心して別れてくださいと心から思います。
私がもし、たくさんの人から好かれたいと思って、適当にその場その場で、社交辞令を言ってられる人であれば、今の魂がふるえるくらい幸せな人たちと、出会えなかったかもしれません。

 

なぜなら 人には「嗅覚」があるから。

どんなにとりつくろったって、わかるんです。

自分と合う人、合わない人が。
まずは、自分自身が自分のことを200%くらいの勢いで、愛おしく思えれば、自分の波長に合った人と神聖なタイミングで、ある日突然 出会えます。

全くもって、別れも出会いも「ある日突然」ですね。

(注:別れる、、を連発してるけど、私のことじゃあないから、変な心配には及びません 笑。知人の話をきいて、思ったことね)