地球の流れとタイミング・ご縁について

明らかに<地球(宇宙)の流れのタイミング>みたいなものがあることをしみじみと確実に感じる一週間でした。

どういうことかというと、事例でご紹介させていただきますね。

 

<恋愛でのたとえでは>

どうしても大好きな人がいて いわゆる完全なる相思相愛になれないけれど、それでも大好きで。けれども二人での愛が育めないとき。
気持ちのうえでは「前」に進みたいけど、状況としては 進めない。
一方的な片想いではなく、お互いにお互いへの「愛」が確実にあることがわかる場合は、ほんと たちが悪いですよね。

なぜならば、動けなくなるから。その状況から。

前にもいけない。後ろにもいけない。ただたちどまったまま。
切ない感情だけをしみじみ味わうことしかできません。

そして何回も終わりにしようと試みても、やはり縁とは すごいもので、抗えない何かが起こる。もしくは 何もなくても また気持ちが復活する・・・・このくりかえし。

そういう場合、前世がらみの縁であることが多いです。

そして そういうときは、前世での<物語>を演じていて
決して「今ここに」では ないんですよね。
ところが、ある日を境に完全に何かがふっきれる。

そう。夢から醒めるんですよね。

でも、決して相手への愛が薄らいだとか、何かわかりやすい出来事があったとかではないところがミソです。

特に何もないのに。

けれども、何かその物語を「超えて」今に戻る感覚。

すると、あんなにこだわっていた(執着していた)ことがうそのように、フラットになります。

これが<地球の流れ、タイミング>なのかもしれません。

 

何もしてないのに、ある日を境に 何かが変化するんですよね。

 

 

 

 

<仕事でのたとえでは>

会社員の場合、どんなに会社が合わなかったとしても、生活があるので 次がみつかるまで は、なかなか辞めることは できません。
転職先が決まってから退職届を提出することが多いです。

 

また起業・独立したいと思っていたとしても、金銭的にはなんの保証もないので なかなか前に進むことが難しいと感じてるかたも多いようです。

 

でも、ある日 突然「今、辞めなきゃ」みたいな感覚で こぉー、つきうごかされる感じ。

次のメドがたっていないにも関わらず、すぐ「退職届」ださないと!!って気持ちになる。

 

そこに「恐れ」は何もなく。

「今だ」って、思う感覚。

 

こちらも、特に上司から決定的な何かを言われたとか、そういうわかりやすい出来事がなかったとしても、そういう流れって、あります。

理論的に考えると、それはとても危険な冒険ですよね。
次の転職先(もしくはクライアント)が決まってないわけですから。

生活に困る可能性もあります。

それでも、自分の中で 今、動かないと!! と

今だってことが「わかる」感覚。

 

 

 

恋愛にしても 仕事にしても
考えても考えても、自分の中での「答え」がでない場合は、まだそのタイミングではないのかもしれません。

 

でも、ある日突然 何かがふっきれるタイミングって、あります。

 

それは突然やってくる。

 

 

 

恋愛においては、 この縁をどうにかしたいっていうエゴが働けば働くほどに、残念ながら遠のきます。

ただ、いろんな事例をみてきて 感じるのは、
前世がらみの深いご縁は、すごい時間がかかります。

だって、「深い縁」なんだもの。

エゴではなく、魂の記憶から二人で一緒にいる姿が「わかる」んだから。

でも、それは残像のかけらなんですよね。

決して「今」ではない。
そして二人が本当に「今」も縁があれば、いったん距離ができたとしても、また自然の流れの中で復活します。それも抗えない流れの中で。

 

ただ、「今」は そのタイミングではないということだけだから。二人の「愛」が消えたわけでは ないんですよね。

 

 
仕事も

自分自身を信じていれば、どんな冒険でもできます。

 

 

全ては、自分の物語です。

全て自分でまいた種からの結果が「今」ですから。

 

(前世の場合、覚えてないから 自分だけの力では、どうしようもないことって、多々あります。

かといって、全て前世のせいにするのも、また違う気が 私はしています)

 

 

・・・ってことは、現在も 未来も自分で創造できるのですから。

 

何かに執着すると、途端に自由でなくなります。
仕事を断ることも。

好きな人に「好き」だということも。
相手の反応を気にするのではなく、自分の感覚を大事にすると、自ずと自分だけの真実の道につながるのではないでしょうか。

 

縁があれば、(パートナーも。仕事も。)出会えるだろうし。

縁がなければ、今はそういうタイミングだった・・・というだけですから。

 

 

 

 

もっと自由に、さらに羽ばたける気がする。

そういうタイミングの2017年5月20日って、感じ(笑)なのでした。

 
*引っ越し後(5/16,17)、まだまだダンボールの山に囲まれています。
今の私の喜びは、ダンボールを1つずつ空にするたびに、心の中でにんまりしてしまいます(笑)

 

 

IMG_4713