「君の名は」と縁について  About Japanese big hit movie “Your name”(Kimi no nawa) and special connections with people

映画「君の名」を見ました。見る前から、泣くんだろうなーと思ってたけど、やっぱり号泣。

20代の頃は、「前世」をあつく語る人をみると、心の中で「今を生きろ」「寝言は寝て言え」って思っていました。

それから月日は流れ、前世があることをいやというほど、感じる出来事がたくさんありすぎました。・・・かといって、前世をあつくは決して語りません。
証明しようがないのが前世ですから。

でも証明なんて全く関係なくて、ただただ どうしようもなく「感じて」しまうだけです。

一番わかりやすかったのは、初めて訪れた場所なのに(ハワイ、ノートルダム大聖堂など)号泣したとき。全く悲しくないのに、魂がふるえて、涙がとまりませんでした。

それは初めての経験だったので、本当にビックリしました。

人に関しては、私は前世の記憶が抹消されているらしく、自分から「なつかしい」とか思ったことは残念ながらないんですよね・・・・。
だけど相手から言われることが、何回かありました。(いわゆるナンパとかでは、ありません)

あとは、至近距離とか密着したときに、わかる感じです。

ここ数年は、前世がらみの「ご縁」は、痛いほど感じます。

私は<たくさんの人と友達になりたい>とは、全く思わず、人間関係をできるだけシンプルにしたいと思っています。表面的なFecebookの友達ではなく、いつでも気軽に電話できる仲良しの友達と時間を共有したいから。
どうもイメージとは異なるらしいけど、人づきあいは消極的です。

なので人と出会う人数としては、決して多くはないと思うんですよね。それでもご縁がある人とは、その分野の一流のド・ストライクな人と出会います。百発百中的に。すごい確率です。

一流というのは、私の概念の中での一流なので、別に有名とか成功してるとか、そういう一般的な認知度では決してありません。認知度と才能って、比例しないから。

あと、ソウルファミリー的な人たちとの出会いも多くなりました。

もう、そういう人としか 会えない・・・というか、会わないように設定されているのが、よくわかる日々です。

またこちらが望むと望まざるとその学びが終了しない限りは、「縁」というのは、きりたくてもきれず。途方にくれるというご縁もあります。

逆にどんなに親しく思っていても、それぞれの魂の進化に伴い、交差するように卒業していくご縁もあります。それは、本当にあっけないほどに。

でも、それでいいんですよね。

全て完璧に進んでいくのですから。
人に執着しないというのは、大切なことです。

自分の感受性が人とかなり変わっていることを自覚してからは、特に自分の感性と似ている人と出会うと、本当に嬉しくて、嬉しくてハグしたくなります(笑)

あんまり人前では言わないけど、実はこう思って生きてきたとか、小さいときはこんな風に感じてたとか。実は生きるパッションがないとか・・・etc. 
ずっーーーと何時間でも、話していたいです。

男女問わず、そういう人たちに既に出会えたことは、私にとって一生の宝です。

たとえ その糸が途中で切れたとしても、美しい想い出はずっと胸の中にありますから。
そのかたの幸せを願っています。

「私は 誰かひとりをひとりだけを探している」・・・・「君の名は」より引用

~~~~~
I watched the Japanese blockbuster movie “Kimi no nawa” (Your name). Before watching, I thought I might cry. And I shed a tears so much as expected.

When I was 20’s, actually I thought “Please live in the present.” or “Talk nonsense in your sleep” in my heart every time I saw people talking about “previous life” enthusiastically.

Now I met too many things to make me believe and feel the existence of previous life.
Even so, I never say eagerly about it.
Because we don’t have a way to prove the existence of previous life.

Though I don’t have any interest to prove it, I “feel” it with resistless.

I could easily understand the existence when I couldn’t stop shedding tears at my first visit Hawaii and Notre Dame Cathedral. I never felt sadness, but my tears lasted streaming and my soul shivering.

It was my first experience and I was so astonished.

As for people, it seems I don’t have memories of previous life. So I don’t feel someone “familiar”, it’s a bit of a pity. But I was sometimes spoken so. (Of course it’s not a kind of chat up.)

I can catch the existence when we (the person and me) hug or come close.

Around these years, I feel so well “special connection” over previous life.

I never think I want to make many friends. I hope to live a simple life in human environmental as possible as I can.
I want to spend a time with my favorite friends who I can easily contact by phone anytime, not with friends on Facebook.
Though many people have a different image to me, I am inactive in socializing.

So the amount of people I can see is not so many, I think. Even so, I can encounter people who is the best in the field I searching for with deadly accuracy. It’s high probability.

First rate in my concept doesn’t mean famous or successful. It never means general visibility. Because visibility and talents is not proportional.

And I can meet people like a soul family.

Anymore I can only see people like those who…and every day I feel I ‘m planned to meet people only who have special connections.

And “connection” can’t be cut off even if I hope to do so unless my learning is finished. There are also connections I feel at a loss.

On the other hand, there are connections graduated crossways with growing each soul however we feel familiar each other. It’s almost too easy to come to the end.

But everything goes OK.

Because all things proceed perfectly. It’s important not to hang on somebody else.

After being aware that my sensitivity is far different from other people, I feel very happy and want to hug when I see the person who have similar feeling:)

I talks to her or him, actually I live so far thinking like this even though I don’t say in front of people. Or I felt like this in my childhood. Or in reality I have little passion to be alive…etc.
We can last talking for many hours.

It’s my lifetime treasure that I could meet people like those regardless of gender.
If our strings are cut on the way, beautiful memories are still in my mind.
I desire his or her happiness.

“I am looking for someone one person, only one.” sited from “Kimi no nawa (your name)”