映画「インターステラー」と「君の名は」~時間軸と空間・そして人間で在ること~The movies of “Interstellar” and “Kimi no nawa (Your Name)” ~ time axis and interspace / existence as human beings~

大切なお友達から教えてもらった「インターステラー」を鑑賞。
私はマルチタスク型(並列思考)なので、「インターステラー」を見ながらも、その友達との想い出が頭の中で同時に進んでいきながら見ていました。

「君の名は」も「インターステラー」もなんだか本当に切なかったです。。。。。 
時間軸と空間を超えることができない地球って、魂の進化に最も適した場所だと思いました。
こんな感情は、地球でしか なかなか味わえないですよね。きっと。

「インターステラー」 セリフ
「愛は時間も空間も超えるの。愛は未知の力で信じていいと思う。どんなに望みが薄くても彼に会いたかった」という言葉と、「君の名は」がリンクしすぎて、号泣。

ギリシアの哲学者プラトン『饗宴』で、人間はもともと自己と他者がくっついた一つの生き物で人間があまりに強大になりすぎたので、神は二つに切り裂いて、引き離した。それによって人は自分の欠けた半分を求めるようになり、そこに「愛」が生まれたとあります。(ツインソウルみたいな言い方をされるかたもいらっしゃいます)

また次元の違いでいうと、例えば
二次元のマンガの中の女性と、三次元の人間の男性が、愛で完結しないように。
人間と五次元の誰かとの愛も完結しないように。

だから人は、どんなに満たされていても、地球にいる間は この「切ない」という感情を持ち続けることになる気がするんですよね。また本人がたとえ、満たされていたとしても、集合意識自体が「切ない」もの。

地球にいる以上は、魂だけの愛ではなく、もちろん肉体だけの愛でもなく、魂と肉体と融合させた真実の愛を満喫できるといいですよね。

だって、魂だけであれば 亡くなってからでも十分に愛はそこにあるのですから。

目に観えないものを感じすぎると、地球では生きにくい気がします。
なぜなら、シェアできる人は限られているから。
そして感受性は多様だから、その感覚を言葉で説明するには限界があります。
それでも、1mmの疑いもなく、「わかる」感覚は もはやどうしようもない・・・。
けれども現実の世界では、時がゆっくり動いているから、これまた切なかったりします。

時間のズレが、本当に苦しいんですよね。

・・・・と 「インターステラー」と「君の名は」を見て、時間と空間と人間で在ることの切なさを味わいつくしました。

ほんと宇宙の星になりたいと思う(苦笑)

それでも きっと「真実の愛」は 次元さえも超えることができるのかもしれません。
ただし、その前に次元が異なることで必ず襲ってくる「絶望感」があります。
「君の名は」で、再会したにも関わらず、別れたように。
私たちは三次元の「分離」された世界で生きているので、なおさらです。

その分離感で終わってしまうのか・・・・。

それとも、自分だけが観えている世界を信じきれるのか。

それは自分の中にある「愛」が問われることになります。
愛は、観えないものだから。
それを感じる力。
そしてそれを信じきる力があれば、次元さえも超えていけるのかもしれませんね。

分離感と切なさと、たくさん味わう地球にいるからこそ、最も大切な「真実の愛」のレッスンに適した場所に、私たちは住んでいるんですよね。

自分自身の「愛」を信じきりたいですね。

—————————-
I watched the movie “Interstellar” recommended by one of my favorite friends.
I have multitasking capability (I can think multiple things at a time). So I remember memories with her watching “Interstellar”.

“Kimi no nawa” and “Interstellar” made my heart so ache….
I thought the earth is the best place to make our souls evolved because we cannot go beyond time axis and interspace on the planet.
We can go taste these feelings only on the earth, maybe.

One of lines from “Interstellar”.
“The love can transcend time and interspace. I think love has unknown force and is worth of belief. I wanted to see him even though there is little hope of it.”
These words made me remember the movie “Kimi no nawa” and I was moved to tears again.

The philosopher in Greece, Plato says “human beings were originally one creature stuck oneself and the other and they became to have too strong power in the world. So the God teared apart them. That’s why human beings become to seek for a half of ourselves and the love came to be present there.” in his famous work “Symposium”.
(Someone says it likely comes from twin souls.)

If I explain in terms of difference of dimension, it looks like a woman on magazine, 2D and a man on 3D never end with love and neither human beings and someone on 5D.

So human beings continue to have this feeling “a sense of pathos” how much he or she is satisfied with present situation, I think. Or even if peoples are filled with satisfaction, collective consciousness remains “sweet sorrow”.

As long as we live in the earth, I think it would be better if we can fully experience real love integrated souls and bodies, not only love of souls, or of course not only love of bodies.

Because if we can be satisfied with love of souls only, there are loves enough after we died.

For the people who can feel something invisible, it is heavy for them to be alive in the earth, I think.
Because they can share these feelings only to limited people.

And our sensitivities have varieties, there is a limit to explain our feelings by words.
Even so I can do nothing about my feeling “I’ve already known it.” with no doubt.
But time goes slowly in our actual world. It also brings a sense of pathos to me.
It is really tough for me to feel gap of time.
・・・like this, I felt too much sweet sorrow thinking time and interspace and existence as human being when watched “Interstellar” and “Kimi no nawa (Your name)”.
Actually I wish to become a star of the universe (with bitter smile).

Even so “true love” may be able to get over dimension.

But we have to face to “feeling of despair” because of difference of dimension before it.

It is explained in the movie “Kimi no nawa (Your name)”, they could meet again but they broke up.

It’s all the more natural because we are alive in the world, 3D separated from other dimension.

I wonder if we end with the feeling of “separated”…

Or we can believe in the world that can be visible for only a part of us.

It means we must be asked if we have “love” in ourselves.
Because love is invisible.

The energy of believe in love.

And if we have the power of belief in love, we may be able to go beyond dimension.

We live on the earth which gives us feeling of separation and a sense of paths because it’s appropriate to learn the most important thing “true love”.

I hope to believe in “love” of myself with no doubt.