冬至の出会い

昨日は「冬至」でしたが、あまりにも宇宙の計画のすごさに脱帽する出来事がありました。
<私は冬至も、暦、星、月、マヤ暦など スピリチュアルに詳しい人がよく知っているようなことは、ほとんど知りません。それでも当日は、いかにもその象徴となる わかりやすい出来事がその日に起こります。宇宙の流れはよくできてると、いつも感心します。>

 

昨日初めてお会いしたNさん。
お会いするきっかけは、なんと「人違い」でした。
NさんとCさん(智恵と書いて ちえさんというお名前)は、あるセレモニーでご一緒され、意気投合。それで再会を約束したらしいのです(約1ケ月前)

NさんはfecebookでCさんを検索し、「智恵」という名前と私のプロフィール写真がCさんと似ていることから、私に友達申請。
Cさんは 「智恵」と書いて「ちえ」と読み、
私は「智恵」と書いて「ともえ」。

しかも名前だけでなく、fecebookのプロフィール写真も Cさんと私が似ていたらしいのです。
私は、普段は面識がないかたからの友達申請はお断りしているのだけど、共通の友達が何人もいたということと、Nさんの全体の雰囲気から、お友達になっていました。

すると、1週間くらい前かな?

メッセージで、「智恵さん~~~~~~~~ お会いして嬉しかった。またゆっくりお会いしましょう。またブログも素晴らしいです!!」といった内容のメッセージがNさんから届き・・・

私の頭は、大パニック。(普段、パニックになることはないのだけど、自分がその人を覚えていなくて 先方がいかにもよく知ってるみたいなときに、どこでお会いしたのか・・・パニックに陥ります)

しかし考えても考えても、わからない(そりゃあそうだ。会ったことがなかったのだから)

あとで共通の友達にこっそり質問してみようと思っていた矢先、Nさんご本人の勘違いということがわかったらしく、お詫びのメッセージをいただきました。

そのやりとりの中で、たまたま昨日の冬至に私たちは、会うことになりました。(ディナー)

私は、知らない人と積極的に会うような社交的な人間ではないのだけど、自然の流れの中でそうなったんですよね。(後日談としては、もちろんNさんも私と同じ。知らない人は決して会わない・・)

 

 

そして当日、会ってすぐに意気投合。

話せば話すほど、意気投合。
実はNさんは、世界中から絶賛されている歌手。ファンがたーくさんいらっしゃるかたでした。
二人で感動したのは、そんな人違いをさせてでも、二人を出会わせたかった宇宙の完璧な計画です。

Nさんと話せば話すほどに、明らかに宇宙の意図がある出会いだということが、お互いにわかりすぎるほどわかりました。

そして大笑いしました。

あまりにも宇宙の流れが完璧だから。

それは もう あきれるほどに・・・・

ぐうの音もでない・・・・
想定外の出会いだ。

こんなに完璧に流れて、勘違いさせてまでも、縁がある人とは出会えるようになってるなんて。すごすぎる。

お互いに<シンクロ>とか<引き寄せ>といったことは、あまりにもそれが<普通>で<日常>すぎるので、好きではない。それが普通だから。

けれども、一般的にはあまり理解されないことも多いので、わざわざ言わなかったけど。
同志に会えて、「そうそうそう!!!!」と共鳴すぎるほど共鳴しました。

 

 

また私は社交的な人間では決してない。人間関係は、シンプルに。
社交辞令的で表面的なつきあいが苦手というか…意味がわからないのだ。。。
だからプライベートで、積極的に人が集まる場所には行かない。

それなのに縁がある人には、自然と出会っている。

 

Nさんもそうだったけど
出会う人は、その業界で一流の中の一流の人ばかりだ(一流という言葉は好きではないけど、適切な言葉がみつからず。。。。すみません。。)

 

 

ここまでご縁がある素晴らしい人たちに出会い
しかもその点と点との出会いが、私への ある方向性を示唆してくれていることは
よほど鈍感でない限り、わかる。

 
<ちなみに私は、どうしてもエンタメ関係のかたに 縁がある。
全く意識してないにも関わらず、そちらのほうに導かれる。

そして友達になる人は、海外でお仕事をされているかたがとても多い。
私は、英語がしゃべれないけど、みーーーんな英語がペラペラ。>

 

 
全ての出会いも別れも、本当に完璧なんだと いつも思っているけど
昨日は、さらに思いました。
すごすぎる。。。
これは、私にだけ起こっている出来事ではなく、
みんな平等に完璧な流れの中にいるということなんですよね。
なので、好評だった「好きだけどそれがベストではない場合」渋皮付和栗さんや甘栗むいちゃいましたの出会いも、意味があり、宇宙の意図があるわけです。

そして、本人が 切ない気持ちで もやもやしていたとしても、それも大切な味わう必要のある感情で、進化(深化)の大事なプロセスなんだなーと しみじみ、、、そして強烈に感じました。
「ご縁」には、抗えない。

そして その縁にともなう清算(浄化)が終わらない限りは、縁もきれない。

ほんと、いろんな意味で おてあげです(笑)

それとともに、縁がある人とは 必ず会えるということ。

ありがとーーーって感じ♡

 
2016年12月21日 冬至の日。

今 以上に、全ては完璧なのだから、自然の流れにゆだねようと思いました。

人の頭の中で考えることなんて、宇宙の壮大な計画からみるとあまりにも小さすぎるということを日々体感しています。
今まで出会った全ての人たちに感謝しています☆

 

*そして「智恵」違いのCさんとも、きっと 3人でいつかお会いすることができる気がします(笑)