ベルギー~ドイツの旅6日目。9月25日 2 (フランクフルトへ移動)

こんにちは。関口智恵です。

ベルギー~ドイツの旅6日目。9月25日 2 (フランクフルトへ移動)

ワークショップ終了は12:30で、それからランチタイム~閉会式の予定です。

しかし私たちは(ガブリエル氏と真知子さんと私)飛行機の関係でランチは食べずにタクシーでアントワープ駅まで行くことになりました。

行きは大変でしたが、帰りはタクシーであっさり到着(・・・といっても40分くらい)

次に高速バス(みたいな感じ)でブリュッセル空港へ(45分)。

IMG_0613   ← アントワープのバス停留所近く

 

IMG_0614  ← アントワープ~ブリュッセル空港まで こちらのバスに乗車

 

そしてお二人と別れ。また1人になり、いざ、ドイツへ。

ブリュッセル~フランクフルトまで飛行機で1時間です。フランクフルト着18:35 。

問題はここからなんですよね。

空港からフランクフルト中央駅まで地下鉄で11分。駅でいえば3つ目です。近い。

まずは切符の買い方がわからず、四苦八苦。でも空港なだけに、私みたいな人が結構いるんですよね。私の前の人が色々と親切にしてくださり結局、購入してくれました。

この電車で間違いない・・とは思っても、やはり念には念を・・・ということで、いかにもビジネスマン風のかたに「フランクフルト中央駅まで行きますか?」ときき、電車にのりこみました。

 

そして、無事、フランクフルト中央駅に到着☆☆☆

駅から徒歩1分~2分のホテルを予約しています。でも新宿駅みたいに広いんですよね。だから地上の出口はたくさんあるし、すっかり夜になってしまいました。

改札をでてから、構内のスタッフみたいな人に、「〇〇〇ホテルはどこですか?」ときき、確実にヒアリングできたところまで進みました。駅構内にあるコンビニみたいなところに入って、店員さんにきいたところ、英語が通じなかったみたいで、怪訝そうな顔でドイツ語で「わからない」(たぶん)と言われ、、、。その会話をきいていたお店のお客さん(男性)が、「〇〇〇ホテルですか?」と日本語で、私にたずねてくれました。そのかたは、ご親切にそのホテルにでる地上の出口まで、案内してくださり、しかも駅の階段では、重たいスーツケースを持っていただきました。さすがヨーロッパの男性(?)感謝感激です☆彼は、仙台に住んでいる女性と遠距離恋愛をしているとのことで、日本語を勉強しているそうです。あなたのおかげで無事、ホテルにつきましたぁーーーー!!!

 

既に21時近くになってたかな。

夜ごはん食べてませんが、意外とお腹はすかないものですね。

 

ベルギーでは、シャワーを浴びる場所が共同だったこともあり、これでのびのびとシャワーが浴びれるし、トイレも部屋にあるし、ドライヤーもあるし。

 

ここのホテル、部屋の鍵の開け方が難しかったんです。(後日、同じホテルに宿泊している日本人と会話したときに、部屋の入り方が難しかったとおっしゃっていました)

 

あとフランクフルト空港のトイレの石鹸のだしかたも、日本とは違うんですよね。日本だと、レバーを「押す」のにフランクフルトでは「引く」みたいな。いちいち細かいところで、とまどいつつも、みなさんご親切です。

 

取り合えず寝ようっ。

ということで、明日に備え、就寝しました。

 

つづく。