SとM ようやく覚えられた(どうでもいい話だけど 笑)

私は、以前からS(サド)とM(マゾ)の区別が何回教えてもらっても、覚えらなかった。
そういう性癖がないから、別にいいんだけど SとMは、もはや日常的に使わることが、多い。

葉山スタジオ(ワークアウトなど)でも「ここにいるみなさんは、ドMですねー」みたいな言い方をされたり

子どもたちも「Mだ」「Sだ」と またちょっと違うニュアンスで 使ったりしてる。
さすがに子どもが使ったときには、「ドキッ」としつつ、結局 どういう意味で使ってるの?女王様のほうなの?なんなの?と 内心思ってた。

そして先日、某所での会話。

Aさん「東大にいってる友達で 右と左がわからない人がいるんです」

まわりのみんな「へぇーーーー」

私「あっ、でも 私もSとMがどっちがどっちか いまだにわからないんですよね」

まわりのみんな「えっーーーー」

Bさん「私は、ソファとクッションが わからない、、っていうか、一瞬 迷います」

まわりのみんな「えっーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
私の心の中 <えっーーーーー!!!まじで??? すごい!!!!!!!!!!!!!!!斬新すぎる!!>

私「あっ、あと エスカレータとエレベータは、最近 区別できるようになりました」

Bさん「窓とドアも迷います」

Cさん「でもそれぞれに規則性は、あるね」
私「確かに。。。。ほんと 多様性ですね」

ソフアとクッションは、初耳。斬新。度肝をぬかれるほどの すごい驚きでした!!!!!
それぞれがそれぞれに色々あるんだなと思いました。

そんな中、ジムのヨガのプログラムのとき、

インストラクターのかた「もうすぐ秋分の日ですね。
ん? しゅうぶん? しゅんぶん? しゅんぶん? あってます? いっつもわからなくなる」と言い、まわりが「しゅうぶんの日」・・・。

そして次の週も 「今日は しゅうぶん?しゅんぶん? どっちでしたっけ?」

まわり「しゅうぶんの日」

インストラクター「いつまでたっても しゅうぶんとしゅんぶんがわからない・・・きっと 一生 わからないんでしょうね」と言いつつ、ヨガレッスンがスタートしました。

私は 心の中で
<しゅうぶん!!!!秋だから しゅうーー。春は しゅん。しゅうぶん!!!!!!。先週も言ったよ。それをみんなに伝えたいんだったら、手に<しゅう>って書いたら いいかも>と思ったのでした。

それを機に、いつまでもいつまでも 「結局、女王様は どっち?」と きいてる場合じゃないと気がつきました。

私の中で わかりやすいのが「女王様」なので、「女王様がS」を合言葉に 記憶するようにしたらいいのねと思い、「女王様がS」と心に刻みました。たたくほうがSみたいな(笑)

ジムで 自分をおいこむ感じがMね。

ちなみに ジム関係者からは 「ともえちゃんは ドMだ」って 言われるけど、違います。
ただ 身体を動かして筋肉を感じているのが 好きなだけです(笑)

ゆるくしか、してないもの。
おいこんだりは、しない。ハングリー精神がないので「負けないぞ!!」みたいな気持ちにならないんでよね。

もし、私から「〇〇さんは Mですね」とか、いいはじめたら それは完璧にSとMが自分のものになったということです。

まさに今さらすぎますが・・・(苦笑)

・・・ということで「しゅうぶんの日」をきっかけに、SとMが覚えられたのでした(笑)