ぴったりすぎる出会いの理由

こんにちは。関口智恵です。

今、新しいプロジェクトを構築中です。

私は、次の展開の「絵(ビジョン)」が見えれば、自然とそのプロジェクトに必要な(私と相性のいい)人と出会えます。

これが、また恐ろしいくらいに、まさに「ピッタンコ」なかたと出会えるんですよね。

それは、自ら「探す」まもなく、ドンドンすごい勢いで、縁がつながります。

たとえば「今度、こういうことするんだぁ」みたいな世間話をしていたら、その横にいた人が、私の知りたい情報や、そういうことをやっている人だったり。こういうことは、日常茶飯事です。

でも、これって、別に「引き寄せ」とか「シンクロニシティ(意味ある偶然)」とか大騒ぎすることではなく、至って普通のことです。そして、私だけが経験していることではなく、誰もが「決意し、行動」すれば、必要な人脈もお金も集まってくると思うんですよね。それが、社会にとって、いいことであれば。

 

大事なことは、そのかたとの「信頼関係」?   ・・・・それは、当たり前すぎる話で、

私は発信する側の「志」と「責任を負う覚悟」だと思っています。

何をするにしても、当然「リスク」があるわけですから。そういうことをひっくるめて、やれる覚悟。

私自身は、そういうことが全然、苦ではなく、創造していくこと、それに伴う責任さえも、楽しいとさえ感じるんですよね。今後の新プロジェクトの展開が楽しみです☆

 

 

 

(注)別にリスクが楽しいわけではなく、リスクがあるのは当然すぎるくらい当然だという意味です。そしてそれらを大きく上回るくらい、新しく創造するプロセス、社会を変えるプロジェクトは、楽しいと思っています。