アスペルガー症候群、自閉症の本と映画

こんにちは。関口智恵です。

今、アスペルガー症候群や自閉症スペクトラムについての本を多読しています。

映画「恋する宇宙」も見ました。

なんだか、切ないですね。

 

以前、「虐待」「性虐待」について、学んだときも切なかったけど。

たとえば もし、生まれ変わりがあるとしたら、現代は虐待を受けていなくても、前世では何かしらの虐待を受けていたり・・・女性であれば、そういう時代に生きていた可能性もあるし。やはり集合意識的なものはネガティブなものも、魂は受け継がれているんですよね。

 

 

 

 

社会的な課題に取り組むと、今、こうして平和に幸せで暮らしていることさえも申し訳ない気持ちになりそうになりますが、それは、完全にエゴの世界ですから。そうはならないようにつとめています。

 

ただ傍観者には、決してならないように。

 

自分のできることを役割として、まっとうするだけです。