まさかのトレラン デビュー☆

こんにちは。関口智恵です。

先日、まさかのトレランデビューしました。(Trail running 山や森を走ること)

私が5km以上走ったのは、高校の体育の授業以来です。そのくらい私の中で「走る」なんてことは、考えられないことでした。

子どもも私が「走る」というイメージが全くないようで、ハイキングの途中に急に私が走り出したとき「ママが走った~~」「しかも早っ!」と腹を抱えて、笑っていました。

まるで「アルプルの少女ハイジ」のクララが立ったのをみてハイジが「クララが立った!」くらいの驚きっぷりでした。

こんな私が「走る」ことは、まあ人からみたら「たかが走ったくらいで」くらいの感じだとは百も承知ですが、自分の中では天と地がひっくりかえるくらいの衝撃だったのです。

トレランはアスファルトを走るのとは、全く違い、山の中ではほとんど疲れないんですよね。これがまたびっくりで。走りながら「走ってる~~」「しかも疲れない~~」と満面笑みでした。もちろんこんなことは1人では、できないことで、いつも行っている葉山スタジオのプログラムの中でのことです。

トレランデビュー

トレラン中にであった りす  トレラン中に であった「りす」

 

その日のうちに、トレラン本をアマゾンで購入。次の日には、通販でパタゴニアのトレランシューズを購入と着々とグッズがそろっていくのでした。

だけど、これも夏になるまでです。私は暑いのが苦手なので、夏、走るなんてことは、120%ないでしょう。。。それまでは、できる限り、自然を満喫したいと思います☆