映画『ANNIE/アニー』のテーマカラー~映画と色彩心理~

こんにちは。関口智恵です。

昨日公開の映画『ANNIE/アニー』を仲良しのお友達、祐川京子ちゃんからご招待頂き、朝9時から鑑賞しました。

見る前は、正直「絶対見たい!!」というほどの強いテンションはなかったのですが、結果的には内容もさることながら、色彩心理的にも、非常によい映画でした。

映画『ANNIE/アニー』のテーマカラーは「赤」です。中盤から、わかりやすく赤がでてくるのですが、それがピンクや青だったとしたら、ほんとトンチンカンな違和感だったでしょう。

アニーは、恵まれない環境のもと、非常にたくましい生きる力のエネルギーがある女の子です。

まさに「赤」は、そのたくましさや生命力・情熱・行動力をあらわす色です。

テーマソング「TOMORROW ~しあわせの法則~」や映画のメッセージ「どんなにつらいことがあっても上を向いて、明日を信じよう!」http://www.annie-movie.jp/サイトより引用)

だけであれば、赤ではなく、希望のメッセージカラーの「黄色」でもよかったんですよね。

しかし、やはり主人公は、生きる情熱があふれているアニーということで、希望をもって生きる強さの「赤」で、非常にマッチしていたと思います。

強く情熱をもって生きたいかたに、おすすめです☆

 

—-お申し込み受付中—–

○色彩心理の専門家

カラーヒーリング・アドバイザー

養成講座 3月22日~開催!

「無料相談」実施中。(1月31日まで)

詳細は、こちらです。

http://www.cure-color.com/cha_school.html