ステージを変えること と抗えない運命

こんにちは。関口智恵です。
2015年も残りわずかになってきました。
今日は「今、いるステージを変えること」について、今までの私の軌跡をふりかえって、現在感じていることをお伝えさせていただきます。(あくまでも個人的な見解です)
まず大前提に私は、社会人になってから 仕事の状況、人間関係、今いるステージの世界観は、すべて「自分次第」だと思っていました。

たとえば、仕事がうまくいかない。上司が苦手だ。夫と会話がない・・・みたいなことすべてです。

どんな状況でも、周りへの不平不満を言い続ける人はいらっしゃいます。それは、人から見れば、恵まれた環境だとしてもです。その根底に流れている思考パターンは、怒り、恐怖、嫉妬、不安、焦燥感がある限り、環境ではないんです。

また、私は常にその感情の所有者は、「誰か」というとを意識しています。
それはたとえば、家が散らかっているといったどこにでもあるような場面。
駅で人とぶつかり「気をつけろ!!」と怒鳴られたとしても、です。

誰かのせい にすることは、とてもたやすいことです。

「あの人のせいだ」「○○さんからこんなことを言われた」など。

でもその感情を所有しているのは、誰でもない「自分」なんです。まずはその感情の所有者は誰かということ。第三者の発言によって自分の中にある何かが刺激され、その感情をつくりだしています。その種をもっといるのは、あくまでも自分なんです。誤解しないでいただきたいのは、すべて自分のせいにして反省するということでは、ないんです。

ただ、人のせいにするのは、とても簡単ですが そこから自分の成長や進化は何も生まれないと私は思っています。

同じ職場にいて、楽しく働いていらっしゃるかたもいれば、日々会社の愚痴をいい続けていらっしゃるかたもいます。そもそもその会社を選択したのは、自分ですし、不満をいっている会社からお給料をいただいているのは、まぎれもない事実ですから。いやだったら辞めればいいだけです。でも、なぜかそのリスクを背負う覚悟がなかったりします。

パートナーも同じです。パートナーを選んで結婚したのは、自分です。いやだったら離婚すればいい。たとえば離婚したくてもできないのは、子どものためでもなんでもなく、自分自身がそれを選択しているわけです。

それがいいとか悪いということではなく、すべての選択肢は自分にあるという自覚が、なぜか私は小さいころからありました。

これは、あくまでも私はそういう風に考えてきたというだけで、それが正しいわけでもなんでもありません。根本的に自分自身で人生を創造するという姿勢と覚悟があります。社会のせいにすることは、とても簡単なことです。でもそれでは、自分の人生を自分以外の人や社会にあけわたすことになります。

どんな状況でも、それを創り出しているのが自分自身だということを無意識に知っていたので、何があっても決して誰かのせいにするのではなく、結局、ステージを変えるには、自分自身を変えるしかないということが、わかっていました。
そして、もしそのステージを変えたい場合は、今の言動パターンを変えるしかないんですよね。

誤解を恐れずに言うと、多くの人は、魔法にかかっています。
「この状況は、仕方がない」という魔法です。

本当に仕方がないことなんて、10%くらいで あとの90%は自分次第でどうにでもなることかもしれません。

そのように私は生きてきたので、思考が現実化することは、当たり前だと思っていました。思考は現実化し、すべて思い通りになり、充分過ぎるほどに幸せに生きていましたから。

そこから、ステージを変えたいとか、思考パターンを変えたいなんてことは、一切思わなかったんです。

ところが、宇宙の計画というのは、完璧でそんなに幸せに生きていた私の環境にも変化がおとずれるんですよね。

2015年 私は、今までにないくらい、息苦しくなったりビックリする体験をすることになります。

その体験をふまえ、今 「ステージを変えること」については、2つのきっかけで変容がおとずれると思っています。

1つは、今までの人生を俯瞰してみる。心の底から幸せである状況かどうか。そこそこの幸せではなく、いつ死んでも後悔しない、歓喜の中で生きているかどうかで、みてくださいね。

もし歓喜の中で生きていないのであれば、歓喜の中で生きることもできるのに、そうなっていない。それを変えたい場合は、今の言動の何かが変わらない限り、ずっと変わらないでしょう。まずは、客観的に自分の人生をふりかえり、自分のパターンを自分自身で分析してみることから、はじめるといいですね。まずはそこからです。
2つめの「ステージ」が変わる方法ですが、私のように充分幸せを満喫して生きらっしゃるかたは、残念ながら自分では、変わる方法が難しいです。なぜなら充分幸せで、いつ死んでも後悔がありませんから。これ以上、望むものはないわけです。

でも 自分がそれを望んでなかったとしても、どうしても抗えない運命というのは、あるんです。「スターウォーズ」ではないですが、それは夕日が沈むのをとめられないのと同じです。

宇宙の計画は、完璧ですから そのときどきのタイミングでいろんな出来事や出会いがあります。
その出会いがきっかけとなり、自分で気がつく方法と、セッションなどでほかのかたからサポートを受ける方法があります。そして結果的に、視野が広がり、違う世界観で生きることになります。

私は、今までの人生をふりかえり、その都度その都度、そのような出会いがありました。

今年、自分の中にある愚かしい自分を十分味わうことは、私にとって大きなステップになりました。悲しみや恐怖、嫉妬などは、人間だから味わえる感情です。それを所有している自分を慈しんであげてください。いわゆるネガティブだといわれてる感情にこそ、大きな宝が眠っています。

実際は、ポジティブもネガティブもありません。
ただその感情を味わうだけです。

今」という時間を十分、満喫しましょう。

私たちは、誰でも明日も生きられる保証は、どこにもなく
大切な人とまた会える保証は、さらにないんですよね。

だからこそ、SNSやヴァーチャルではない 今、目の前にいる人に集中して、愛を育てていきたいですね

今年もありがとうございました。
2016年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。