パリ1日目

ticket

こんにちは。関口智恵です。

3月13日の深夜、羽田からパリ(2泊)→フランクフルト(2泊)→ウィーン(5泊)に旅立ちます。帰国は、3月24日の 夜です。ウィーンで開催される世界の光と色の学会に参加するのが主な目的です。フランクフルトでも、光と色関連の大きなイベントがあるので、視察してきます。

I’m alone(涙)  行き帰りは、寂しいけど。。。
海外に行くときは、「行きたい!」というより、「どうしても行かなくてはいけない」と 何かこぉー突き動かされている感じです。逗子も家族も大好きですし、、、…
本当は午前5時半着予定の飛行機が、なんと順調すぎて午前4時に 着いた。そんなことも あるんですね。
無事にスイスイつきましたが、朝早すぎて 始発待ち。インフォメーションのかたも、誰もいない、、、。日本人に話しかけ ホテルの行き方は なんとか わかったけど、乗り継ぎだし。。どちらにしても ここで待つしか ない。救いはwifiつながったこと。

電車のチケットの販売機のところにいたら、フランス人の素敵な男性が、ご親切に話しかけてくれて、買ってくれました(^^)/
その後、中国人、韓国人のかたに話しかけられ、逆にチケットの買い方をたずねられた。そしてみんなで、買い方難しいねと談笑。
そして、またもやフランス男性から、話しかけられ、よほど困ってそうに見えてるんだね、、。行き方をさらに詳しく教えてくれて、談笑。もちろん かなり適当な英語だけど、伝わってる。
このまま一生たどりつかないんじゃないかも、、、というくらいホテルにたどりつくまで、右往左往しました。降りるときのボタンの押し方が弱すぎて、降りられず 一駅先まで行ってしまい、重たい荷物をもって、ホームの階段を行ったりきたり。茫然。
荷物が重すぎました。

ルーブル美術館チケット事前購入、必須です。長蛇の列すぎる。ただスタッフによっては、そのチケット見せても 「例に並んで」って言う人もいます。危うく並びそうになりましたが、並ばないでいいはずと思って、どんどん入り口のスタッフに近づいて、パスを見せたら、そのまま大丈夫でした。あのまま おとなしく並んでたら、1時間以上ロスしてたと思います。

10人以上のスタッフに 「モナリザどこですか?」 って、きき ようやくモナリザ見れました。
モナリザってかいてる一角についても、モナリザまでが、たどりつかないんです。。。あまりにも広すぎて迷路みたいです。
人酔いというか 絵のエネルギー酔い しました。絵からの波動が色々あるので、ほんとおなかいっぱいになりますね(苦笑)

オランジェリー美術館に続く公園を通り、オランジェリー美術館へ♡ルーブルよりも、のどかな感じで、落ち着きます。オランジェリーの絵の波動のほうが、優しいですねー。風景画が多いこともありますが♡
一日終わるころには、おかげさまでパリの地下鉄も、すいすい乗れるようになりました(^^)/
パリは、すごい喫煙率です。歩きタバコの女性がビックリするほど多い。。土地のエネルギーも、いろんな意味で重たかったです。重厚感といえば、重厚感ですが。。ただ東京も場所によって全く異なるので、昨日 行ったところが たまたまそうだったのかもしれません。ホテルは、観光スポットからは、離れてるけど。。

img1458031567874

パリ2日目へと続く…