パリ2日目

こんにちは。関口智恵です。img1458090341864

今日は 午前3時前に起床しました。(前の日が 飛行機の中で2時間と短い睡眠だったので、午後9時に就寝しました)

ホテルで朝食。パリに来て、ここぞとばかりにパンばかり食べてます。帰国したら、しばらくパンは食べなくていいかも(苦笑)

午前9時前に ノートルダム大聖堂に。

ほとんど誰もいません。
ステンドグラスが太陽の光を浴びて、とてもきれいでした。

その瞬間、突然 涙。涙。涙。
別に悲しいわけでも、ステンドグラスをみたからといって、泣くほどまでの感動があったわけではありません。

まさに「魂の記憶」って、本当にあるんだなと思いました。

海外に行って、勝手に涙がでたのは、これで2回目です。

別に前世がどーのこーのみたいなことって、私はあんまり興味がないんですね。そんなのいいだしたら、きりがないし、本当のことなんて、証明できないわけですから。

ただ、確実に はっきりと、自分がなぜここにいるのか。
これから何をしなくてはいけない役割なのか。
そしてどうなるのか。わかりました。

前から、わかっていたけど、これからの展開の すべてがピタッと パズルが はまったって感じです。

私は、パリ自体に、そこまでの興味は実はなかったんですね。
今回 ウィーンでの光と色の学会に参加するために、直行便ではなく たまたまパリ経由便を紹介され、しかもパリに 興味がなかったせいか 飛行場に1~2時間いて、すぐにフランクフルトに旅立つ予定だったのです。

でも、葉山 友達の Hさんと いつものスタジオで たまたま世間話をしていたら、「せっかくパリ行くのに、観光しないなんて もったない~~」と言われ、私はかなり素直なので、あっ、そうなんだー、と思い、予約していた飛行機を変更して、パリに二泊することにしたんです。
ノートルダム大聖堂にきて、パリに来たのは、ここに来るためだったんだなーと はっきりとわかりました。

これからの仕事に関しても、すべてが完璧につながった一日でした。

大聖堂の棟にも上りました☆

あまりにも大聖堂で しみじみしたので、これでもうホテルに帰ってもいいんだけど、、と思いつつも、次にサントシャベル教会に行きました。

こちらもステンドグラスが素敵な教会でした☆
ランチは パン屋でパンとコーヒーを買い、公園で食べました。
確かにパンはおいしいです。
しかし、逗子・葉山にある お気にいりのパン屋のほうが、おいしい(笑)

この間に、本当はパリの違う地区に行こうと思ったのですが、どうもスムーズにそこまでたどりつけず、休憩をかねて いかにも 地元のママたちが集っている公園で食べたのでした。行きあたりばったりね。

またまた このままホテルに戻ってもいいんだけどなーと思ったんだけど、まだ午後2時前だから(苦笑) やっぱり オルセー美術館にいこうと思い、行きました。

文字にすると サラッとした感じになりますが、 このオルセー美術館に行くまでも、いろんな人に道をたずね、さりげなく 迷い、でも 何事もなかったように 歩き続けています。でも今日は天気がよかったし、昨日より荷物が少なかったので、まさに地元の感じでお散歩気分でした。なぜか みんな 地下鉄を案内してくださるのですが、私は歩きたかったので「歩いていきたい」旨を伝え、道を教えていただきました。

オルセー美術館、よかったです(^^)/
ここでも、わかったことがありました。(スピリチュアルな内容になりすぎるから、割愛します)

ルーブル美術館でも、そうですが 私は美術館のまわりかたは、とても早いです。パッーーーって、歩きながら一瞬でみて 絵のエネルギーで グッとくるものだけ、ジッーーーーとみて、絵と対話しています。
グッとくるものだけです。

ルーブルは、絵のエネルギー酔い しました。絵には画家のエネルギーが そのまま残ってるから、いろんな想いがありすぎて、酔いますね。。。

オルセーは、よかったです♡

でもゴッホは、ほんとゴッホって、感じのエネルギーでした。だから、一瞬しか みませんでした。
最後は チュイルリー公園に 立ち寄り、日なたぼっこして ホテルに戻ってきました。

明日は、朝4時半に ホテルにタクシーがきて、7時半くらいの飛行機でフランクフルトに旅立ちます。

明日の難関は、またもや 空港からホテルまでの道のりです。スムーズに行けますように。
フランクフルト1日目(3月17日)と続く。

img1458091292117