魂の記憶とご縁

こんにちは。関口智恵です。

ヨーロッパにいって、「魂の記憶」って本当にあるんだなとさらに実感しました。

たとえば、よく「彼とはソウルメイトかも」みたいな言い方をする人が、いらっしゃいますが、「ソウルメイトかも」の「かも」がある場合は、気のせいだったりすると思うんです。

「かも」なんて言えないくらい、本当にそういう人に出会ったときは、圧倒的な0.0000001mmの疑う余地がないくらいに「わかる」から。

(*ソウルメイトの定義は、色々ですし これは あくまでもたとえ話です)

 

「魂の記憶」や「宇宙の采配」には、ほんと抗えないです。

身体が記憶されていますから。
身体の声に敏感になればなるほどに、わかります。

頭は、ウソをつきます。
たとえば どんなに理屈で考えても、胸がふるえる事実は、おさえられないでしょう。

 

 
どれだけ 身体の声に耳をすませられるか。

どんな状況でも、ハートをオープンでいられるか。

どんなときでも、自分に正直でいられるか。

愛する人に「愛してる」と 言葉で表現できているか。

 

愛する人たちと 出会えたことに本当に感謝します☆