六甲・備忘録1/My tickler file1 at Mt. Rokko in Japan

仕事のために参加しました。
自分のこととしては、手放そうとしていることについての心の整理がテーマ。

たまたま話をしたOさん、たまたま隣の席だったMさんの話がすべてが宇宙からのメッセージそのものでした。

それは私が手放そうとしているものを手放してはいけないというメッセージ。

ニューヨークに行ったときも同じことが起きた。
手放そうと思って、あらたなステージに向かって、行っているのに、なぜか連れ戻される。

そして今回、驚愕の事実をワークの中で体感した。

私は、自分のサイズに合わない、違うパズルをしていたことに気がついた。

息苦しいほどのトラウマがあるわけでもなく
あまりにもあっけなく思考が実現する日々の中、日常の幸せをかみしめながら生きていると、そんなことは夢にも思わなかった。

だって、幸せなんだから。気がつかないよ。。。

ただ、日々 退屈だと思ってたし、いつ死んでも後悔しないのに・・・とも、思ってた。

私のサイズには合わない ほどほどのサイズのパズルで遊んでたようだ。

それが幸せだと思っていたし、本当に幸せだったから。

私の<完全なる真実>に向かうためには、全てをリセットする必要があることを体感しました。

それは今までどおり私の好きな「楽々すいすい」とは、いかないだろう。
でもそれと同時に、それが実現することが、私には はっきりと観える。
だからこそ、震える・・・・。

恐怖というより、あと1ピースをはめるだけで完成だと思っていたパズルをバラバラにして、一からスタートするような感じ。別れもあるし、あらたな出会いもあるだろう。
ただそのパズルをバラバラにしてまでも、自分の器にあったサイズのパズルをはじめようと思う。

完全なる私の真実に向き合うために。

ただ、どういう展開になるかは、さっぱりわからない。流れに任せるしかない。
私が決断すれば、それが実現することは、今までたくさん体験してきたから、よくわかっている。

そして私は決断した。

完全なる真実を体現することを。

そう決めると、生きることが嬉しくなってきた。

全て「自分」次第だ。
自分が決断することで、目の前の出来事は、確実に動いていく。

誰かのせいでは決してない。
仕事も人間関係も。

すべて「自分」の創造したものが現象化しているだけだ。

そして大切なことは、自分以外の第三者が登場する場合

たとえば関係者の「●●さんが~~~」とかは、一切関係ない。
自分が決めていることが(思考パターン)現象化しているだけだから。

自分を。
自分の人生を。
宇宙の采配とつながりを
100%、1点の曇りなく 信じられるかどうかが、全てなんですよね。

だから仕事においても、パートナーや人間関係において、「●●さん」ではない。

「●●さんが~~」という視点でみてしまいがちだけど。

そして、たとえば もし「●●さん」が愛する人の場合、それを信じきれるかどうか。

それは、●●さんを信じるのではなく、自分の直感を信じることと、自分と宇宙のつながり(大いなる存在みたいなもの)を信じられるかどうかだ。

この「法則」を痛いほど感じたら、怖いものは何もない。

だって、自分を信じればいいだけだもの。

そして常に自分の真実と向き合うこと。

人からどんなに褒められても、自分の真実がそこになければ、全く嬉しくない。
2015年 失神するほど驚いたことも多々あった。

そして2016年6月末に、新しいパズルをつくりはじめることを決断した。
これからどんなパズルになるのか。想像もつかない。

ただ一つわかっていることは、「悦びの中で生きる」ということだけだ。

 

<My tickler file1 at Mt. Rokko in Japan>

●I attended it for my business.
As for myself, a theme was to adjust my mind against things I aimed to release.
I absolutely received messages from universe through conversation with Ms. O and with Ms. M seated next to me by chance.

Messages said that I must not release what I would release.
Same thing happened when I visited NY last spring.
I decides to release it and I was going next stage. But I was taken back.
I don’t know why.

And at this time, I experienced a surprising fact in a work.
I found myself put a puzzle together which was not fit to my size.
I never thought like it before. Because I don’t have any suffocating trauma,
and I spent every day feeling my genuine happiness and my thoughts have become true so easily.
Because I was so happy so it’s natural for me not to awake, I think.
But on the other hand, I felt myself boring every day, and I thought I never feel regret whenever I die.
It seemed I played a moderate size puzzle that was unsuitable for my size.
I thought it was happiness and I was really happy.

I confirmed I need to reset everything to seek my perfect truth.
I see it won’t go with my favorite way, easily and smoothly as before.
But at the same time, I get a view clearly that will come true.
That’s why I feel myself shivery …
It’s not come from fear. It looks like returning to starting point as if disassemble a puzzle which almost complete with one more piece.
I think to start to make a puzzle fit to my size even though it means to break a puzzle I was making so far.
It is to face my perfect truth.
I can’t expect what will happen in the future. What I can do is to go with the flow.

I know well that what I decide is come true because I have many experiences so far.
And I decide to embody perfect truth.
Once I decided it, it become delightful to be alive.
Everything depend on “me”.
By decision, the things at hand move from one to the next certainly.
The matters not owe to someone else in business and human environment also.
Everything become a phenomenon that are made by ourselves.
Also in case there is a third person, for example “Mr. (Ms.) ●●(person involved) said ~~~~~.”, we have nothing to do with him(her). This is very important.
Because it only become true what we decided (=thinking pattern).
Everything depends on whether we can believe ourselves and our lives with any ambivalence and also directions and connections of universe.
That is why “Mr.(Ms.) X” has no any influence to us in business, partnership and human relationship. Though we tend to judge things by “Mr.(Ms.) ●● said~~~.”
And more, if “Mr.(Ms.) ●●” is our dear one, it depends on if we can believe the fact or not.
Not to believe Mr.(Ms.) ●● but believe our inspiration and connection ourselves with universe (great existence).
If we can feel this “theorem” with a painful clarity, there is nothing to fear.
Because it is a simple matter, believe ourselves.
And always face truth of ourselves.
I never become happy even if someone praise me so much when my truth does not exist there.
In 2015, I met many things surprised me as if I felt unconscious.
And at the end of June 2016, I decided to start making my new puzzle.
I can’t image what goes on in my puzzle.
Only one thing I know is “I live in full of delight”.