六甲・備忘録2 < My tickler file2 at Mt. Rokko in Japan>

六甲では、自分のことは、全然わかっていないことも、わかった・・・・。

私は雰囲気的に「あたたかい」というメッセージを発していると思っていたら、参加者全員が「ミステリアス」に手をあげた。ひっくりかえるほど驚いた。
仲良しの地元の友達Sちゃんも「ミステリアス」に手をあげていた。

あんまり驚いたから、終了後も「(私は)顔が丸いのに?」とか「親しみやすい雰囲気なのに?」とか、「愛がどうしても細胞からこぼれるから、気をつけようと思ってたんだけど・・・」と、きっと他の人がきいたら、訳のわからないようなことを言っていた。あんまりビックリしたから。驚きすぎて、めずらしく動揺した(笑)

本当に自分のことは、わかっているようでわからないものだ。。。。

「ミステリアス」
それは、あまりにも私からは 遠い言葉だと思っていた。

帰宅後、夫に同じ質問をしたら、「みんなは、ともえちゃんのことをミステリアスだと思ってると思う」と言われた。
これまた、驚いた。「いかにしも親しみやすそうなオーソドックスな顔してると思うけど」と言ったけど、そういうことではないらしい。。。(苦笑)
また 大きな気づきとしては、

ここにくる前から、もう一つのテーマは「循環」だとわかっていた。
私は人とつながりたいと積極的に思ったことが、ほとんどない。
なぜならば、普通に過ごしていても、どうしても人とつながる。

だからこそ、本当に好きな人とだけ、一緒にいたいし、できるだけ、ひっそりと静かにしていたいと思っていた。
fecebookだけの友達や年賀状だけの友達ではなく、いつでもどんなときでも かけつけられる濃い友達だけで、充分だと思っていた。

でもそれだと、自分の上限をつくっていることもわかっていた。
好きな人としか、会わないから 嫌なこともない。
全然、ないのだ。。嫌なことが。

いつも安心・安全な世界。
だって、充分に幸せなんですから。(しかし1ピースは明らかに足りないとは、思ってたけど)
もちろん「お仕事モード」になれば、どんな人とでも合わせられる。
個性豊かな主張の強いアーティストや業界の人と仕事をしてきた。あの時代に比べると、今は 複雑な人間関係からは遠い。

だからこそ、「素」で 濃い関係を育てたい。
本当に気が合う人が、少ないことがわかっているからこそ、表面的な社交辞令の会話は、時間がもったいないと思っていた。

今でも そう思っている。

けれど、それだけだと 自分の中だけで 小さくまとまってしまうんですよね。

六甲で瞑想をしているとき、他の人と手をつないだら 自分のオーラが拡大したことがわかった。「これだ!!これが循環なんだ」を体感した瞬間だった。

別に自分のエネルギーは、人から奪われることはないんですよね。

循環させれば、それは無限大に拡大していく。

どんなに理論でわかっていても、体感しない限り、ふにおちない。

私に必要なのは「循環」なんだ。これが「循環」なんだと、身体で感じた。

私に必要なことが凝縮して、体感できた六甲でした。
これからも、もっと感受性を拡大して、上限をつくることなく、今 ここにいることを悦べるようになりたいです。

そして、六甲から戻って3日後に、よいニュースが舞い降りてきた。
(その件に関しては 後日、あらためて発表させていただきます)

本当に不思議だけど いつもそうだ。

私の「思考(意識)」が変わると同時に、よいニュースが舞い降りてくる。
その現象は「とりにいく」ではなく、流れるように「舞い降りる」っていう感じ。

今、起きている出来事は、全て自分の思考が現象化しているだけだということを実感する。

だからこそ、いつも自分自身と真摯に向き合いたい。

何が欲しいのか。
どうしたいのか。
誰に会いたいのか。

「戦略」なんて、必要ない。

何も怖くない。
失うものなんて、何もないのだから。

だって、誰も何も奪わない。

誰も自分を傷つけない。
傷つけるのは、自分自身だから。

全て「自分」
このことの本質をわかっていれば、これから何があっても、自由に生きていける気がする。

 

< My tickler file2 at Mt. Rokko in Japan>

In Mt. Rokko, I found that I didn’t know myself at least.

I thought I brought out my message “warm” in atmosphere. But all other participants had “mysterious” impression to me. It was very astonished.
Ms. S, one of my favorite friends also agree to them.

It was so surprising that after program, I asked “Even as I have a moon face?” “Even as I have friendly atmosphere?” and “I took care my love not to dropped out of my cells so far.”
I told something difficult to understand for other people. Because I felt very surprised. It caused me upset unusually.

Actually we don’t know ourselves exactly though we think we know well.

“mysterious”
I thought the word was so far from me.

After coming home, I asked same question to my husband.
And he said “Everyone think of you as “mysterious”, I think.”

Again I was surprised and told him, “I think I have an ordinary and friendly face.”
But the reasons seem not to be like it.

Also, I met other big awareness is another theme “circulation”. I already knew it before coming here.
I rarely think I want to connect other people aggressively.
Because my life always brings social connection without intention.

So I thought I wanted to spend a time with people I love and as quite as possible.

I thought it’s enough to have close friends whenever we can help each other and not need friend on facebook or exchanging greeting cards only.

But I knew I made my limit if so.
There were little undesirable matters because I met only my favorite people.
So, there is no bad thing.

I always stay in the world of safety and security.
Because I am happy so enough. (But I thought myself lack something by 1 piece.)
Needless to say, I can tune myself to anybody in business situation.
I worked with artists and people in glamorous business field who have great individualities.
Compared with those days, now I’m far from complicated human relationship.

That’s why I want to nurture deep relationship with natural.
I thought diplomatic conversation is loss of time because I knew there is few people like-minded. Even now I think so.

But this situation makes me stay in small size I think.

When I meditated in Mt. Rokko, I found my aura expanding after holding next people’s hand. “This is! This is “circulation!” It was a moment I experienced it.

My energy may not be deprived by anyone.

Circulation brings infinite expansion.
We cannot get understand unless we experience actually even if we know many theories.

All I need is “circulation”. “This is circulation.” I certainly felt by my body.

I could have condensed experience I need in Mt. Rokko.

I’d like to broaden my sensibility and to feel delight of presence myself now and here without limit.
After 3 days later come back from Mt. Rokko, I met good news.
(I will announce of it at a later date.)

Really it is wonder but it is always so.

Good news is always coming soon after my thought(consciousness) has changed.
The phenomenon is not like “I go for it” but like “it drops down through the air” fluently.

I feel what happens to me now is only phenomenon of my thought exactly.

So I want to face to myself with sincerity.

What I want?
What I really want to do?
Who I want to meet?

There is no need of “strategy”.

I have nothing to fear.
There is nothing to be lost.

Because anyone cannot bereave anything.

Nobody hurts me.
Who hurts me is only myself.

All have roots in “myself”.
I think I can live freely for anything to happen if I understand this essentiality.