作成者別アーカイブ: Tomoe Sekiguchi

ある日突然のGood News ~仕事について~

昔っから、「仕事運がいい」という自覚はあったものの、ここまでGood Newsがとびこんでくると、自分のことを天才じゃないかと錯覚してしまうほどです(もちろん冗談です 笑)

<きっとこういう仕事のオファがくるだろうなー>とか、
<こういうものをつくるとみんな喜ぶだろうし、私はプロデュースできると思うんだけどー。>とか

突然、ふってくるビジョンがあるんです。

ビジョンが観えたからといって、規模が大きいので私から企業や投資家にアプローチして、行動するという感じではないんですよね。
そういうアプローチは必要なく、ただ漠然と そういうオファがくるだろうって わかってたんですよね。

でも、それは いつなのか。
どなたかからのオファなのかは、わからない。

けど、ただくることは「わかる」

そして、やるんだなって感じ。

いっつもそんな感じです。

その後、いつも そういうオファがある日突然やってきていました。

 

そして2017年7月22日。「キュアカラー・ブリージング×女性性満開」体験会の日の夜。新月の前日でした。

 

またもや、まさに私が思ってたことができる規模の仕事のオファ☆

 

大笑いしました。

 

「仕事」に関しては、どんな大きなプロジェクトも今までの実績や経験値があるので、びびらない自信があり、さらに是が非でも「やりたい」という執着も全くなく、いつもニュートラルなんですよね。成功願望もなければ、お金のブロックもないことって、ほんと大事なのねとつくづく思います。すごーいGood Newsでも、全くまいあがらない(笑)

 

ただあまりにも宇宙の計画がすごすぎて、そのことに感動します。

 

家の購入のときも、仕事のこともそうでしたが ここまでピッタリはまると、全てをゆだねられます。

私が心の底から欲しい現実が、1つだけあるんですがそれも全ては流れのままに。
それが「今」ではなく、神聖なタイミングがあるんなーと信じきれます。

だって、あまりにも自分のビジョン以上のことが、向こうから目の前にやってくるんですから。

それを探しに行くことも。人に会いに行くこともなく。
本当に流れのままに、目の前にあらわれる感じです。いつも。

だからといって「棚からぼたもち」では、ありません。(苦笑)
全ては、自分の意識次第で、無限大に創造できるということをさらに強く実感しました☆