新・古事記ミュージカル 天の河伝説~ゲネプロ~

2017年11月池袋の初公演・2018年2月壱岐島、2019年7月は 博品館劇場にて「新・古事記ミュージカル 天の河伝説」全部見てる(笑)

今日はゲネプロ(通し稽古)に招待していただき、3回目にも関わらず相変わらずの涙・・・。

休憩中にトイレに行くと、鏡ごしにすごい視線を感じた。

その女性の顔をみると、やはり私をじっーーーーーとみてる。

もしや知り合い?お客様?と私もそのかたの顔をみて、二人でみつめあう。

私は、なんとか思い出そうとしてみたが、知らない人だよねーと思ってたら、そのかたが「あっ、ごめんなさい。友達にそっくりだったんで」と言われた。非常にあるある話すぎる。私に似た人は、よくいるらしい。だから にこやかに言った「よく間違えられるんです。私(笑)」

人 間違いされるたびに その友達が、かわいいことを祈るよと いつも思う(笑)

そして第二幕終了して、しーちゃん(作・演出)に挨拶して 意気揚々と博品館をでたが、相変わらず 駅とは違う方向にぐんぐん歩いていってた。

いつも思うけど、恐ろしいほどに、違う方向にいかにもわかってます風に歩いてしまうのは、なぜなのか。自分でも摩訶不思議だ。しばらく歩いたあとに、景色があまりにも違いすぎるので、人にきいたよね。「すみません。新橋駅はどちらですか?」(苦笑)
またもや 歩いてきた方向を戻り、博品館の前をとおって、駅までいけた。よかった・・・。悪いけど、すごい単純な道なのに(苦笑)

神様の物語をみた後で、気分はまさに「瀬織津姫」だったが、やはり私はこの地球と人間を味わいたいのか、途中下車して お寿司(&生ビール)を一人で食べた。

なんか、<生きてる>って感じがする(笑)

DSC_0268