寂しいのは、誰のせいでもない。<誰か>は関係ないということ。

<宇宙からのメッセージ/2017.11.15>を思い出した。

http://sekiguchitomoe.com/e_1369.html
————————-

あなたが寂しいのは、会いたい人に会えないから寂しいわけではない
愛する人がいないから寂しいわけではない
パートナーとうまくいっていないから寂しいわけではない
寂しいのは、あなたがあなただから寂しいのだ
あなたは自分自身を満足させることができていない
だから寂しい
だから切ない
それを相手に求めているだけだ

そしてその期待に相手はこたえられていないだろう
それはそうだ
あなた自身が 自分自身を満足させられていないのだから
それが現象化している
(抜粋)

——————————-

自分で書いておいてなんだけど、ほんと そのとおりですよね・・と思う(笑)

8月8日以降、特に感じるのだけど

<誰か>は全く関係ないということ。

たとえば 
・パートナーとうまくコミュニケーションとれなくて寂しい
・彼と会えない
・結婚したいけど相手がいない
・友達とケンカした
・上司が苦手
・仕事がうまくいかない など。

<誰か>は、自分のダークサイドをわざわざ浮上させてくれている登場人物にすぎない。

だからこの
・<誰か>を責めたり、
・この人さえいなくなればうまくいくのに
・彼(彼女)が変わってくれさえすれば
・まだ運命の人に会ってないからだけだ・・・など

そういう風に考えるのは、楽かもしれないが自分の成長には、全くつながらない。
いつも他人のせいにした視点でしか世界をみてないので
登場人物が変わってもまた同じ感情や課題を自ら創ってしまう。
それはそうだ。そこをクリアしない限り、次のステージにいけないからだ。

私は8月8日に さらに自由になれた気がした。

ここからは、<私>だけに集中して、新しい世界を創りだす。

自分のダークサイトは その出来事をどう視るか、感情の揺れで すぐにわかる。
それをその都度、丁寧に味わう。
ただそれだけだ。

<誰か>は関係ない。

誰も悪くないのだから。

それぞれの魂の質や課題やペースがあり、みんな一生懸命生きている。

それを愛おしく思えるか否か。

それは、自分自身の愛が満たされているかどうかで うけとめかたは違うものになる。

愛は、人に満たしてもらうものではなく
自分自身の中から あふれだせるよう。

私は 愛を乞う人ではなく、
愛を無意識に放出できるよう在りたい。

1 / 1812345...10...最後 »