地球そのものが生命体

マウナラニ「光る洞窟」での瞑想のときに

 

「母なる大地」という言葉がやってきて、

それはよく言われる言葉なので、「で、なんですか?」って心の中でたずねると

 

<地球そのものが1つの生命体>だということでした。

 

まあ、こちらも よく言われることだけど、妙に実感したんですよね。

 

たとえば 地震や火山噴火など、人間にとっては恐怖をともなう自然現象でも、地球が生きているわけだから、

 

それで人間には はかりしれないいろんなバランスをとっているんでしょうね。

 

それは 人間中心の視点でみるか。

宇宙全体の視点でみるかは、みえる景色も変わってきます。

 

 

私たちの身体もそうですよね。

たとえば人間の身体には、善玉菌、悪玉菌がありますが それでバランスをとっています。

善玉菌だけ、もしくは 悪玉菌だけには、決してならないですから。

善玉菌だけだといっけん、よさそうだけど それでは 生命体としてはなりたたないです。

 

地球そのものが生命体だとしたら、いわゆる「ワンネス(ひとつであること)」っていうことですが。

この「ワンネス」って、声を大にして いうこと自体 私はとっても違和感があって・・・。

 

わざわざ「ワンネス」って 言わなくてもいいよね・・・みたいな(笑)

 

だって 最初から1つなんだからさー。

 

宇宙は エネルギーが一体化してるけど。

地球はいわゆる<分離感>があって(人と人と個体としては、違うので)

地球だからこその学びや遊びって、あるので。

 

私はそれを大いに満喫したいですよね。

 

この地球でしか、味わえないわけだから。

 

その意識が私はすごく強いんです。

 

 

だから<女性性>をトレーニングしてる気がします。

<女性性><男性性>って 分けること自体、まさに分離ですから。陰陽だし。

 

 

でも、瞑想してて <地球そのものが1つの生命体>というメッセージがおりてきたときに、私はその意識をもう少し再確認する必要があるんだなーーと実感しました。

 

 

 

私は、これからも <一つ(ワンネス)>っていうことを前提に

あえて<分離>された人間という生命体を楽しむ仲間たちと、愛を育みたいです。

 

 

 

1 / 18012345...102030...最後 »