琵琶湖~淡路島~アダムとイヴのりんごからの覚悟~

10月2日~二泊三日で琵琶湖~淡路島に。

この旅行は3ケ月くらい前から決まってた。

(たまたま)台風が去った直後だけど。全くもって、(たまたま)なんて どこにもないことは、よくわかってる(笑)

本当に全てがパズルのように、ぴったり はまるように、いろんなことが同時に展開していく。

(たまたま)の出会いが、その後の人生を予想もつかないような方向に動かしていく。

だからこそ、目の前にいる人を大事にしたいですよね。

それが たとえば、心の痛手になるような想い出になったとしても、愛しい時間には 変わりはないのだから。

旅で、また違う感受性のチャンネルがひらく気がしていた。

2月に壱岐島に行ったときに’国が生まれる’ってメッセージがきて10月に国生みの島、淡路島に来るとは、そのときは思いもしなかった、、、。

宇宙からのエネルギーをそれぞれにキャッチしてて 意図してなくても、このタイミングで適切な場所に行くようになってるんでしょうね。打ち合わせも何もしてないのに、ニアミスやシンクロばかりだもの。本当によくできてる。

 

<大弁財天を祀る琵琶湖の竹生島>

3BC786A2-C096-445C-8BFE-0B246A1317F7

 

 

 

<伊奘諾神宮>イザナギとイザナミ

1E503706-BA7E-479E-A0CA-50F0B0D3469B

 

 

 

<鳴門海峡でナルト渦巻きのゼロ磁場>

8DD7906A-CB5B-41BA-8D13-BB096BE3996D

 

 

 

<「大地がよろこぶ『ありがとう』の奇跡」の著者である村上貴仁さん・さゆみさんご夫妻のファーム>

907A8ED1-D217-45DF-941F-443A4C966F86

 

 

村上ご夫妻の物語は、壮大でした。

次のページに書かせていただきました。

 

 

ちょうど6年前の同じ日に、同じメンバーでシャスタ山に行っていた。

あれから6年。それぞれの魂の成長の旅は続き、それぞれに進化&深化している。

シャスタ山、ハワイ、松島、琵琶湖~淡路島と、この出会いがなければ シャスタ山も松島も琵琶湖~淡路島も 私は行かなかったと思う。

 

この旅を誘ってくれたAさんは、スピリチュアルに造形が深く、神様の名前も神話も天使も土地のことも よーくご存じです。まるで名探偵コナンのように 宇宙からのメッセージをよみとく。

 

たとえば 私が 旅から帰宅して次の日から エドガワケーシーのリンゴファスティングすることを伝えると、

———————————

<りんご>はアダムとイブの象徴だし

りんごのみで満たしたらともえさんの肉体がエデン、ですね❤️

エデンには智慧の樹と生命の樹ですから、聖なる男性性と女性性の完全統合が内側でなされることにより、それを肉体を持った神であり魂が求める主との、霊体・精神体・肉体の完全融合=三位一体により私たちイヴはアダムと統合し、自らが生命の樹そのもの、智慧の樹そのものとなるわけなんですよね❤️

そのサインとしてのリンゴ素晴らしすぎます❣️

—————————-

<りんご=アダムとイヴの象徴・・・・エデンの園~~~> みたいな発想がいつものことながら、そのメッセージをひもといてくれる。

まるで名探偵コナン。「相棒」の右京さんだ。

いつか そういうことを本にして出版されると思うので、そのときをお楽しみに☆

これから 私のブログでは Aさんのことを愛をこめて「コナン姫」と書くことにしよう。

そして「コナン姫」と前世で 夫婦だったMさん。いつもコナン姫が運転し、Mさんが助手席でナビしたり、それはそれは二人の呼吸は 「あ・うん」なのだ。なぜなら二人は 前世で何回も何回も夫婦だったから。

私は後部座席で、特に役にたつこともなく・・・・

旅を満喫し 幸せを感じている(笑)

 

4393FEFB-169E-4E27-9B2E-BD33766A559C

 

 

ヘルシンキの写真から、琵琶湖~淡路島と。そしてアダムとイヴのリンゴからの、土日。

この一連の流れで、今までは 半信半疑だった ある事柄に対して、ようやく<覚悟>ができました。

 

本当に人生は、何が起こるか わからないねって感じ。私一人では ここまで これなかったです。

愛しのお友達 コナン姫とMさんに感謝♡