生まれてきた使命や目的を探すよりも大切なこと

こんにちは。関口智恵です。

自分が生まれてきた使命や目的について考えるかたは、多いと思うのですが、使命や目的って、別に職業ではないんですよね。たとえばよくありがちなのが「私の使命は、カラーヒーリングを伝えることです」「ヨガを広めるために~~」など。。。

使命や目的を「仕事」として考えると、迷路にはまります。

またあまりにもその使命を探求しすぎて、今、目の前に起こっていることをおろそかにすると、言語道断だと思うんですよね。探しすぎて、逆に 変、、みたいな感じ。

 

もし、自分がやるべき仕事があるとしたら、それは、そういう導きの中で、自然にたどりつくものです。

私の場合は、「光と色」の仕事をしいていますが、自分の使命として「光と色を人に伝えることが使命」だなんて、思ったことは、全くないです。ただわかっていることは、確かに「光と色」の法則とは、密接なつながりがあるのは自覚しています。だから、別に特に努力をしなくても「わかる」という感覚がすごく強いんですよね。

 

 

 

自分の使命や目的を血眼になって探すことより、今、目の前に起こっていることや、目の前にいる人を大切にしたほうが、よほど道は開けると思います。

そしてたくさんのヒントは、自然の中にあります。

インターネットを検索しても、情報は得られますが、感受性が閉じている限り、混乱するだけでしょう。

季節の匂い、色、空気を感じ、

そして自分の身体の声をきくことができれば、

本当に笑えるほどに、カンタンに道は開けます。

 

私は、今日も海と山と季節を感じに トレッキングに励みます(笑)

 

1 / 41234