完璧な宇宙の流れと期待することについて

こんにちは。関口智恵です。

2015年4月6日 鎌倉セッションスタジオ、無事にオープンしました。

そしてもうすぐ6月。

本当にアッという間の出来事で、日々、素敵な出会いの連続でした。おかげさまで、一気に生きるパッションがようやくわいてきた感じです。

ひとつひとつの出来事が、すべてつながってるんですよね。

自分の人生を俯瞰してみると、明らかにそこには何らかの意図があるのが、手にとるようにわかります。

それはあまりにも、偶然とはいいがたい、かといって、シンクロニシティと一言でかたずけられないほどの「意図」がみえます。(どんな人と出会い、どんな出来事があったのかは、具体的には書けないので、抽象的な文章になってしまいますが・・・)

そこにいく「決意」が ひっそりとできた感じでしょうか。

宇宙にも人にも、全力でサポートされているありがたみを日々、感じています。

 

 

私は、今が幸せなわけではなく、10年前もそれ以上前にも、、、常に幸せを感じながら生きていました。でも、それはそのときの「幸せ」で、今思えば、全く何もわかっていなかった気がします。

ある程度、自由なんだけど、本当の意味では自由ではなかったようです。

たとえば、以前だったら 何かの約束がちょっとした相手の都合で、ドタキャンになることに対して、私はこっそりとムッとしていました。

なぜなら、限られた時間の中で、有益に効率よく動くということに、私は重きをおいていたから。あまりにも多くのプロジェクトを同時に動かしていたので、思考回路がそういう風に習慣化されているんですよね。

あれから数年、いろんな変化や宇宙の采配を日々感じる中で、「宇宙は完璧だ」ということを身をもって感じています。それは、想定以上に、、あまりにも完璧なんですよね。ただそのときは、わからないだけなんです。それが今年に入って毎日の流れの中で、日々 いやというほど・・・(いい意味で)気を失いそうになるくらいに・・・体感しています。

だから、今では急な予定変更などがあっても(そうはいっても、ほとんどないですが)そういう流れなんだなーと全く何も思わなくなりました。

それが、それぞれにとって「最適」なことがわかるから。

すると、何があっても、余計なストレスはかからないですよね。

心はとても自由です☆

 

ただ1点。どんなに宇宙の采配が完璧だとわかっていても、ストレスがかかることがあります。

それは、「期待」があるときです。

「期待」は「エゴ」なんですよね。(信頼しているかたから教えていただきました)

たとえば、独身時代に好きな人がいたときは、いつ会えるのかがすごく気になってました。だって、会いたいですから。相手も忙しいし、自分も忙しいとなかなか会えないですよね。なので、当時の私にとって恋愛は、ストレスだったんです。待つことは、ストレスですから。

そのときは、何もわかっていませんでした。

結局、ご縁がある人とは、自然の流れの中で、会うようになってるし、縁がない人とはこちらがどんなに望んでも会えないんです。

完璧な宇宙の流れを信頼すると、すべてが楽になりますね。

無理に何かを動かそうとしなくなるから。

 

これからも、どんな毎日が待っているのか楽しみです☆