セブ島英語留学 序章

こんにちは。関口智恵です。

3ケ月以上ぶりのブログ更新になります。この3ケ月は、本当に(精神的に)激動でした。

9月下旬には いろんなことを一旦、リセットしたい気持ちもあり、直感で「いまだ!」と思い立ち・・・

セブ島に3週間(10/4~24) 一人で英語留学に行くことにしました。

感覚的には、行きたくて行ってるわけでは、ないんだけど、何かに突き動かされる感じですね。もともと私はセブ島に興味があるわけではないし、英語が特に好きなわけでもない。でも、「今 行かないと!」という圧倒的なインスピレーションだけで、行動したんです。

 

英語は、仕事でどうしても避けてはとおれないことを前から感じていたことも大きいですね。

 

でも、なぜ このタイミングだったのか・・・

それでも3週間もの日程を確保すること自体、至難の業なはずが、これまた なんとかなるものなんですよね。

すべてがトントン拍子。

ひきとめるものは、何もなく。

もちろん家族も☆

 

今回のセブ島行きの目的は「英語」ですが、本当は違う意図があるのが、潜在意識がわかってる感じですね。

裏・目的は

浄化と再生。<破壊と再誕>なイメージです。

潜在意識が意図しているから、自然と導かれます。

もちろん それを信じて、行動しない限り、何も始まりませんが。

 

 

これは私のひとつの事例にすぎません。

あなた自身の人生をふりかえると、そういうことって、誰にでもあったと思います。

あとは、本人が自覚しているかどうかだけです。

 

理論(左脳)で考えれば、ありえないことでも、直感(右脳)は、自ずと導いてくれてた・・・ってこと、思い出してみるといいですね。

でも、そのときは わからない場合が多いようです。

これは、仕事でもパートナーでも 同じです。

たとえば、

どれだけ条件が整っている仕事でも、パートナーでも。

理論的には、AよりもB のほうが、優位になのに、なぜか A に 惹かれることってないですか?

 

 

そのときに、自分の直感を信じられるかどうか・・・。

 

それは、自分を信じられるどうかと つながっています。

 

だって、どう考えても理論では、Bなんですから。

 

 

 

私が、セブ島に突然旅立つのも、それがわかっているから。

理論的に考えたら、なかなか ありえないことです。

 

家族をおいて(夫、子供2人)しかもその期間中に次男の誕生日があります。。。

小さな会社の経営者が、10月に・・・3週間も働かないなんて(苦笑)

 

でもね、確信があるから。

この3週間が とてつもない次のステージに通じてるプロセスだということが観えてるので。

(ちなみに家族は、我慢しているわけではなく、常に愛に満たされているということと

私がそういう資質だということを充分わかっているので、笑顔でおくりだしてくれます。)

 

 

自分を信じ、直感や感受性が開花・拡大されることで、人生は、全く違うものになってきます。

自分の人生をどのように創造するか。

それは、誰でもできるなんですよね。

そのプロセス、悲喜こもごもを味わいつくしたいですね☆

 

 

セブ島の3週間がどんな物語だったかは、これから少しずつ紹介させていただきます。