壱岐島へ

2月9日~3泊4日の長崎・壱岐島に行ってきました。

 

なぜ行くことになったかというと、仲良しのお友達・しーちゃんこと旺季志ずかさんが脚本・演出の新・古事記ミュージカル「天の河伝説」を見にいくためでした。

 

既に池袋での公演もみて号泣。そして しーちゃんの天才性をあらためて感じた作品なんですよね。

 

この作品は、宇宙や神様やいろんな天のみなさまが、地球におろしたいメッセージだと私は思っています。それを見事なエンタメにつくりあげた。しーちゃん、すごすぎ☆

 

池袋の公演をみたときは、「壱岐」に行こうとは 思ってなくて、もちろんまた観たいとは、思ってたけど、

 

「壱岐」遠そうだし、そもそも どうやって行くかも知らないし、壱岐島自体にそこまでの興味がなかったからです。

 

ところが、なぜだかわからないが、気がつくと なぜか三泊四日の旅になってた。

国内で三泊四日だもの。結構な旅よね・・・と思いつつ。

飛行機のチケットとか とるときは、妙にドキドキして <絶対に今、とらなければ!>みたいな勢いのもと、手配していました。

 

だいぶん前に手配したので、当日が近くなるにつれて、なんで三泊もするんだっけ?みたいな。

自分が決めたくせに・・・そんな感じだったんですよね。

 

 

羽田に向かう電車の中でも、なんだか「うまれる」って、(インスピレーションみたいな感じ)おりてきてて。

 

内心、いやいやいやっ、もう妊娠はしないでしょ。。。何が生まれるのかなって思ってたんです。

 

羽田から長崎空港までの飛行機の中。私の隣の席は、2歳くらいの女の子をだっこしたお母さまでした。それはそれは見事なくらい静かでお行儀のいいお子様で、自分の子どもがこのくらいの年齢のときの大暴れっぷりをふりかえりつつ、感心してました。

 

そして長崎空港から壱岐空港までの席も、なんと またもや2歳くらいのお子様をだっこしたお母さまの隣・・・・ あらっ、またもやお子様。だから「うまれる」なのか? いやっ、生まれないんだけど。。と思ってたら

 

なんのことはない、私が一列 席を間違えてたという(苦笑)

 

airplane

 

2日目の午後~新・古事記ミュージカル「天の河伝説」本番の日。

午前中は、バスツアーで壱岐観光。

 

<月読神社>

 

お参りしているときに「しずく」って、おりてきて

 

残念なことに神様や神社なども詳しくないので、この時点では意味はわからず・・・。

 

そして月読神社は、本当に優しく慈愛に満ちたエネルギーでした☆

 

img1518443788226

 

<月の器>

パワーブロガーのHappyちゃんが、壱岐島の高台つくったゲストハウス。

 

みんなのテンションMAXで、私も写真をとってもらいました♡

 

img1518445540442

img1519017911424

 

そして 午後から 新・古事記ミュージカル「天の河伝説」

 

壱岐島のホテルの引き出しをあけたら「古事記」が入ってたんですよね。思わず、ざっと読みました。2回目ということと、朝 読んだ「古事記」のセリフのところなど、さらに味わい深かったです。

2回目だから、そこまで泣かないだろうと思いきや、相変わらずの号泣。

やっぱり同じところで グッとくるのね(笑)

魂がふるえます。

 

 

 

img1518762713446

 

しーちゃんが幸せそうで、私も嬉しかったです♡

 

5 / 512345