「〇〇さんは私のことをどう思っていますか?」では、うまくいかない

独身のときは、「誰と」結婚するかが 一番の関心ごとだった。

 

当時、占いにいくと必ず

「〇〇さんは、私のことをどう思っていますか?」から、はじまった。

 

 

まるで 主体性がないのだ。

 

相手は私のことをどう思ってるか。

 

なぜか恋愛になると「私」がなくなってたんですよね。

 

そして、はじめて「私」がなんの躊躇もなく 表現できた相手が 今の夫です。

 

その間に、心理学を学び 自分の思考パターンなどを徹底的にクリアにしたおかげでした。まさか、自分にそういう思考パターンがあるとは、気がつかなかったんですよね。なぜならば、人間関係や仕事など 全てうまくいってたから。

気がつかないんですよね。

 

でも独立するために学んだ心理学が、自分自身を救うことになるとは、思ってもみませんでした。あのときに自分のことを内観してなければ いまだに独身でパートナーがいたとしても、つらい恋愛をくりかえしていたことでしょう。

 

魂が全てを記憶してることを体感してからは、

占いなどに行くのではなく、

 

自分の魂(人によっては ハイヤーセルフ、守護霊、守護天使などといった名称になるのかもしれません)そして 宇宙のみなさま(こちらも人によってはソース、創造主、聖なる存在など) とチャネリングすることが一番の早道だと感じています。

 

だが、しかし 本当に欲しいものだと、どーーしても

「~だと いいなー」というエゴが入ります。

そりゃあそうですよね。だって、そうしたいわけだから。

 

すると、自分自身が 本当に そことつながっているのかが、自信がもてなくなるんです。

 

仕事でチャネリングする場合は、エゴが全くないので スイスイスイって感じだけど、自分自身の場合は、「本当にできてる?」みたいなときがあります。

 

なので、本当にこうなりたい・・・みたいな欲求が高い場合には、私は向かないので、違う角度からのアドバイスをもらったり(有料・無料での交換セッション含む)していました。

 

でも、わかりました。

 

魂は、知ってるわけだから。

 

自分の感覚を繊細に感じれば、いいだけなんですよね。

 

なーんだ、ただそれだけだったよねーーーと

 

昨日の「ビックリお店」事件で、わかりました(苦笑)

 

 

簡単すぎた。

 

 

でも、「頭」で考えると ミスマッチが起こるので注意したほうがいいですよね。

 

頭というのは、本当にバカだから。

理論的に合理化し、それを言語化する脳でもある左脳は 地球で生きていくためには とても大切です。

 

しかし、自分のミッション(使命みたいな感じ)を思い出し、悦びあふれる日々をおくるためには、右脳(直観力、ひらめき、感性など)がポイントなんです。

 

 

 

仕事も恋愛も同じなんですよね。

 

決して<条件>ではないです。

 

たとえば

どう考えてもAさん(またはA社)よりBさん(またはB社)のほうが、幸せになりそうな相手(会社)だったとしても(条件的に)自分の感覚が Aさんっていっているのであれば、それは もうAさんなんです。

 

 

 

 

但し、一つの罠として この<自分の感覚>を信じていればいいんだ・・・・だけでも、ないところが またもや ミスマッチが起こる原因でもあるんです。

 

たとえば

 

長年 カウンセリングをしていて 恋愛、パートナーシップにおいて、結構 たちがわるいのが、セックスの相性がよいときなんです。

 

ひとつのパターンとして、Sの相性がよくて 離れられない。でもこの人と結婚はしたくない。(いろんな理由で) みたいなとき。

まさに「女性性」のワークがすごく役にたちます。

 

 

・・・・ながくなるので、また次回に。