2018年の色は? カラー・オブ・ザ・イヤー/パントンカラー

Q: あなたの2018年を色であらわすと 何色だったでしょうか?

では、世の中のカラー・オブ・ザ・イヤー(2018年の色)は、何色だと思いますか?

パントンカラー研究所(世界的な色彩ビジネス企業)が、「2018年の色」に選ばれたのは

「ウルトラバイオレット(青みがかった紫色)」。

紫

パントンによると<カウンターカルチャーや同調しない姿勢、マインドフルネス、先見性を想起させる色であり、さらに宇宙の神秘、未来への好奇心、未知なる発見を示唆する色である> とのこと。

さすがパントンって感じ☆

まさに2018年は、宇宙の神秘に目覚める流れの一年となりました。

全てにエネルギーが宿っている。
目にみえる物だけでなく、目にはみえない時代も周波数だ。
「カラー・オブ・ザ・イヤー」は、その周波数を色に変換しただけのことなんですよね。

但し、その時代の流れの周波数(エネルギー)をニュートラルにとらえられるかどうかがポイントになります。
私は<光と色の法則>と縁が深いので、理論的に考えなくても 直感的にわかる。
来年のテーマと色も わかってる。
(これは またの機会に書かせていただきます)

スビリチュアルは、既に あやしいものでもなんでもなくなりました。
逆に、これからは 目にみえないことを重んじない企業は、衰退するといっても過言ではないと私は思っています。

でないと、これだけ「マインドフルネス」が人気にはならないだろう。
そして、この瞑想も色とくみあわせて行うと、とても深く入りやすい。

2018年の色「ウルトラバイオレット」をイメージして、瞑想すると 宇宙の曼荼羅がみえてくるかもしれない。(みることが目的ではなく、それは勝手に起こることです)
目にみえるものが、全てではなく ほんの一部だということを知っているのと 知らないとでは、全く世界が違ってみえる。

しかし 私は<実践者>として生きていきたいので、瞑想も大好きだけど、
目にみえるもので表す<色彩プロデューサー>として 美しい彩りのある世界にしたいですね。

1 / 512345